ようこそ、一般社団法人山口県社会福祉士会公式ホームページへ。

本文

へスキップ


 山口県社会福祉士会について


 一般社団法人山口県社会福祉士会は、社団法人日本社会福祉士会の山口県支部として、1993912日に発足しました。200922日には一般社団法人格を取得いたしました。
 山口県社会福祉士会は、
社会福祉士の倫理を確立し、会員たる社会福祉士の生涯にわたる研鑽を支援し、社会福祉士の資質と社会的地位の向上に努めるとともに、社会福祉の援助を必要とする山口県民の生活と権利の擁護及び社会福祉の増進に寄与することを目的とした「社会福祉士」の職能団体です。

会長挨拶


 2021623日に開催された第24回定時社員総会の役員改選におきまして、会長に就任 しました橘康彦(たちばなやすひこ)と申します。よろしくお願いいたします。
 私はこれまで、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所など高齢分野で長く従事して おりましたが、現在は障害者支援施設に勤務しております。本会においては理事として4 期目で、日本社会福祉士会全国大会の企画運営や、職能団体として取り組むべき課題をま とめた第一期中期事業計画の策定に関わってまいりました。これまでも一人の社会福祉士 として、社会福祉士会の会員として何をすべきかを考えてまいりましたが、このような機 会をいただきましたので会員の皆様にお伝えしたいと思います。それは一人ではできないことは仲間で考えるという視点を持ち続けていただきたいということです。他の職種と協働することも当然必要ですが、社会福祉士同士の連携も広めていきたいということです。社会福祉士会を全体でみると広く、大きくも感じられますが、ブロック単位でみると身近で親近感を持てることがたくさんありました。職域専門分野の領域超えて生活の場ではどんなことが起こっているかを共有し合うことで地域への興味関心も増えてくるのではないでしょうか。私たち社会福祉士は「個」としての自己研鑽はもちろん必要ですが、仲間と一緒に地域を見つめることも必要と思います。今後もブロック活動の支援をさせていただき、これまで以上に社会福祉士会を身近に感じていただけるよう会の運営を行いますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。


2021
年6月
一般社団法人 山口県社会福祉士会会長 橘 康彦


会の概要

1993年1月 社団法人日本社会福祉士会の発足
1993年2月6日 山口県社会福祉士会第1回設立準備会
          秋山智久先生が日本社会福祉士会の支部設立のために全国
          を行脚されると聴き山口県の有志、山口県社会福祉士第一
          号の富澤晃先生、2号の前会長山本秀明さん他、15名の
          方たちが社会福祉研修所に集まってお迎えする準備をし 
1993年9月 山口県社会福祉士会の発足
        国家試験対策事業の実施
2001年9月 権利擁護センターぱあとなあ山口の発足
2002年3月 事務局の設置(安達会員宅へ)
2003年4月 独立型社会福祉士委員会の設置
2003年5月 ケアマネジメント委員会(障害者班、高齢者班)の設置
2003年5月 女性・児童問題研究委員会の設置
2003年5月 実習指導者委員会の設置
2004年4月 山口県社会福祉協議会へ事務を依託
2005年4月 社団法人化設立準備委員会の設置
2006年4月 地域包括支援センター支援委員会の設置
2007年1月 山口県社会福祉会館内に事務局を開設
2007年4月 山口県権利擁護等ネットワーク形成事業の受託
2008年4月 施設従事者虐待防止委員会の設置(2013年6月廃止)
2009年2月 一般社団法人「山口県社会福祉士会」を設立
2009年4月 スクールソーシャルワーカーを展開
2010年6月 不登校未然防止のための専門家派遣事業に協力
2011年3月 東日本大震災支援活動として、被災地支援担当者を設置
2012年2月 スクールソーシャルワーク運営委員会の設置
2012年7月 山口県障害者権利擁護センター運営事業の委託
2012年8月 障害者権利擁護センター運営委員会の設置
2012年8月 地域包括支援センターコーディネート機能強化事業の委託
2013年6月 リーガル・ソーシャルワーク委員会の設置
2013年6月 ファミリーソーシャルワーク部会の設置

2014年6月 山口県社会福祉士会ネットワークリスト№1作成
2014年7月 初ソーシャルワーカーデーイベント開催

2015年6月 組織強化委員会の設置
2016年4月
 ファミリーソーシャルワーク委員会の設置
2019年4月 組織改編を実施し、4部4委員会を設置
2021年4月 キャリア教育推進委員会を設置
2021年4月 司法ソーシャルワーカー養成機関の立上げに向けた準備会を設置


公開情報

〔一般社団法人山口県社会福祉士会定款第11章 情報公開及び個人情報の保護 〕
一般社団法人山口県社会福祉士会は、公正で開かれた活動を推進するため、その活動状況、運営内容、財務資料等を積極的に公開しています。
(第60条 情報公開)
〔一般社団法人山口県社会福祉士会 情報公開規程 第3条〕
本会の情報公開の対象とする資料は、次に掲げるものとしています。

(1) 定款(PDF377KB)
(2) 役員名簿
(2021年6月26日~2023年6月末定時社員総会まで PDF81KB)
(3) 事業報告書
(2020年度)(PDF2387KB)
(4) 計算書類
    ①正味財産増減計算書
(2020年度)(PDF138KB)
    ②貸借対照表
(2020年度)(PDF38KB)
    ③財産目録
(2020年度)(PDF37KB)
(5) 事業計画書
(2021年度)(PDF726KB)
(6) 収支予算書
(2021年度)(PDF172KB)
 ★各項目をクリックするとその内容を参照することができます。


4

相談窓口

本会では、高齢者の権利擁護、成年後見制度や障害者虐待に関する相談対応の窓口を設置しています。
  • 成年後見制度   
  • 成年後見人の受験資格を持つ社会福祉士が「権利擁護センター ぱあとなあ山口」を構成し、裁判所や行政機関等への後見候補者の紹介、成年後見制度の普及・啓発、受任者への支援を行っています。
    ★権利擁護センターぱあとなあ山口→TEL 083-928-6644
  • 権利擁護センターぱあとなあ山口ページへ

  • 障害者虐待に関する相談対応   
  • 障害者虐待防止法に係る使用者による障害者虐待に関する通報又は届出の窓口及び障害者虐待に関する相談対応の窓口として、山口県障害者権利擁護センターを設置しています。
    ★山口県障害者権利擁護センター→TEL 083-902-8300
  • 障害者権利擁護センターのページへ


専門職派遣

本会では、社会福祉士をはじめとし、さまざまな専門職を派遣事業する事業を行っています。

   
地域包括ケア専門職  
  • 困難事例等の解決のための相談窓口を設置し、県内の各地域包括支援センター又は市町からの要請に応じて、地域ケア会議や職員資質向上研修、介護予防教室等の場に登録した専門職や学識経験者を派遣し、市町単独では対応が困難な状況に対して、広域的かつ専門的な支援を行っています。
     事業概要・活用事例
    (PDF326KB)

  
   
障害者権利擁護支援専門職チーム   
  • 障害者虐待に関する相談・通報・届出窓口である市町虐待防止センターにおける障害者虐待への的確な対応を支援するため、社会福祉士・弁護士の支援専門チームを派遣しています。
    ★山口県障害者権利擁護センター → TEL 083-902-8300

   
高齢者権利擁護支援専門職チーム   
  • 市町・地域包括支援センターにおける高齢者虐待への的確な対応を支援するため、社会福祉士・弁護士の支援専門チームを派遣しています。
  •  事業概要(PDF192KB)
    ★山口県社会福祉士会事務局 → TEL 083-928-6644



後援名義の使用申請について

山口県社会福祉士会に後援(名義使用)を依頼される場合は、本会規程「後援(名義使用)に関する規程第41号」を確認の上、本会事務局まで、郵送でお申し込みください。
 後援(名義使用)に関する規程第41号
(PDF108KB) 

 【お問い合わせ及び申請書ご提出先】
  一般社団法人山口県社会福祉士会事務局 
   〒753‐0072 山口県山口市大手町9番6号 山口県社会福祉会館内
   TEL:083-928-6644
7

事務局

入会案内、研修・勉強会のお問い合わせなど、電話・FAX・メール、または来局でも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

  
住所   

  • 〒753-0072
     山口県山口市大手町9番6号  山口県社会福祉会館内(2階)

  
交通アクセス   

  • JR山口駅より徒歩約20分
    JR新山口駅より車で約25分
    県庁前バス停より徒歩約5分

  
周辺マップ   




  
連絡先・お問い合わせ先   


  • (T E L)   083-928-6644

  • (F A X)   083-922-9915


お問い合わせフォーム